アトピーの原因と対策

投稿日:

子どものアトピーの症状

最近はアトピー性皮膚炎に悩まされるお子さんが急増しています。アトピー性皮膚炎は免疫が大きく関係してくる皮膚の病気です。早い子では生まれてすぐにアトピーの症状が出る場合があります。代表的なアトピー性皮膚炎の症状は皮膚の発赤、小さなブツブツがたくさんできる、強いかゆみがあるなどです。赤ちゃんの場合は、特に顔や首などにこれらの症状が強く出る傾向があるようです。そして年齢とともに腕や足や首などに症状が出るようになる場合が多く重症のお子さんですと顔から足まで全身に症状が出てしまうこともあるのです。アトピーはかゆみが強いのが特徴ですが、ここで掻きこわしてしまうとさらに皮膚症状が悪化してしまいジュクジュクの汁が出てくる場合があるので、それ以前にしっかり治療して行く必要があります。

アトピーの原因とは

アトピー性皮膚炎を起こしている原因には様々な要因があると考えられています。例えばダニやハウスダストなどはもっとも引き金になりやすいものです。これらに対して体が過剰なアレルギー反応を起こしてしまいアトピーの症状が出てしまうことが考えられます。あとは食物アレルギーによるアトピーもあるので、とにかく何が原因かをしっかり突き止める必要があります。

小児アレルギー専門医の診察を受けましょう

アトピー性皮膚炎は一旦発症してしまうと自宅のケアだけでは完治させることは難しくなります。とにかく早めに小児アレルギー専門医の診断を受けてその子供に最前のアトピー治療をおこなっていくことが重要なポイントになります。お母さんなどが自己判断で民間療法に頼るなどすると逆に治りにくくしてしまうので要注意です。専門医はお子さんのアトピー治療に関してはプロですから、治療は全てプロに委ねていきましょう。

自宅でできるアトピーケア

病院でお薬をもらって治療している間にも、自宅でもできるアトピーケアがあります。それは保湿です。アトピーを起こしている皮膚はとにかくバリア機能が弱っている状態です。そのバリア機能を向上させるためには保湿が重要なキーポイントとなるのです。病院からバセリン系の保湿オイルやクリームを処方してもらったり、ドラッグストアでもバセリンを購入できるので毎日お風呂に何度か入浴させてお肌を綺麗にしてから、しっかりこれらの保湿剤を全身に塗ってあげるようにしましょう。それだけでもアトピーの皮膚のバリア機能が高まり免疫力がアップするので薬も効きやすくなり短期間でアトピーを改善させてあげることが可能になります。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.