「新生児・乳児のこと(0歳)」 一覧

no image

赤ちゃんの寄り目が気になる…斜視?病院に行った方がいいの?

健康に育ってほしいと願う我が子のことは、どんな些細なことでも気になるものです。また、例え何らかの症状が出たとしても、発見が早ければ早いほど対処のしようもあるというものです。

no image

突発性発疹の特徴と対処方法。病院に行った方がいいの?

産まれたばかりの赤ちゃんの体の中には、ママから受け継いだ免疫が備わっています。 しかし、その免疫も月齢が進むにつれて徐々に弱くなっていき、突発性発疹として症状に現れます。 今回は、この突発性発疹につい ...

no image

添い乳のメリットデメリット!いつまでやっていいの?

妊娠、出産を経てついにやってきた授乳! 最初からそんなに上手くいくわけもなく、苦労ばかりですよね。もちろん赤ちゃんも最初から上手におっぱいを吸えるわけもないので、軌道に乗るまでが本当に大変です。授乳の ...

no image

余った粉ミルクの使い道

無くなってしまうと困ってしまうため、粉ミルクは赤ちゃんがいる家庭では必ず余分にストックしていることが多いですが子どもの月例によってお茶を飲ませたりフォローアップミルクに切り替えることで急に買い置きして ...

no image

赤ちゃんの肌が黄色い!新生児黄疸ってどんな症状?

新生児黄疸はどんな症状? 生まれたばかりの新生児の肌は一時的に黄味を帯びた肌色になります。これは新生児黄疸と呼ばれるもので、生後2日~3日後に現れ始め、数日で次第に消えていきます。新生児黄疸は、頭皮か ...

no image

チャイルドシートをつけないとどうなる?選び方をご紹介!

子供が生まれた後、車にチャイルドシートを乗せるかどうかで迷っていませんか?これは現在法令で義務とされており、対象になる子供を車に乗せるときは、必ず専用のチャイルドシートを使う必要があります。 ではその ...

no image

幼児教材(こどもちゃれんじ等)のメリットデメリット

幼児教材とは、幼児向けの学習教材のことです。主にこどもちゃれんじや学研などの通信教育のことを差します。 幼少期から読み書きや工作などに触れることが多いので、利用する親も多いのが現状です。 一見メリット ...

no image

冬生まれの赤ちゃんに必要な、出産準備の服はグッズは?

12月から2月に生まれてくる赤ちゃんに必要な服装は短めの肌着と長めの肌着、そして厚手のロンパースを複数枚重ねて寒さに応じて重ね着をさせましょう。また、寒さと乾燥による被害を防ぐ為にも、ベビーローション ...

no image

「パパ」「ママ」はいつ言えるようになる?

赤ちゃんを持つ親にとって、パパ、ママと自分のことを呼んでもらえることは、大きな喜びになります。 いつになったらパパ、ママと呼んでくれるかなと心待ちにしている人も多いはずです。 では赤ちゃんがパパ、ママ ...

no image

紙おみつ、いつから紙パンツにする?

紙おむつと紙パンツの違い 紙おむつのテープ式は、ねんねの時に赤ちゃんに便利なおむつです。理由は、おむつの交換がしやすいことと、おしっこやうんちが漏れにくいことです。 テープの場合は、おなか周りや太もも ...

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.