保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

基礎体温はいつ測ればいいの?高温期は何度?排卵日や生理のタイミングは?

投稿日:

そろそろ妊活をしようかなとお考えの女性に是非つけてほしいのが基礎体温の記録です。
基礎体温を測ると、排卵日や生理のタイミング、生理サイクルの乱れなども把握することが出来ます。
今回は、基礎体温の測り方や基礎体温グラフについてまとめてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

基礎体温を測ると何が分かるの?

生理サイクルという言葉を聞いたことはありますか?高温期と低温期という二つの体温を繰り返しながら、生理や排卵が体の中で起こります。
基礎体温を毎日測り続けると、高温期や低温期の移り変わりを把握することが出来、排卵日の予測や生理日の予測も出来るようになります。そして、無排卵などの病気の発覚にもつながります。

基礎体温の正しい測り方とは

基礎体温計は毎日同じ時間帯に計測をしていきます。
朝目が覚めたら体を動かす前に舌の下に基礎体温を挟み、そして、計測が完了するまでしばらく待ちます。
これを最低三カ月程続けてグラフにしてみると、低温期と高温期の二層になるのが分かります。

低温期、高温期、それぞれ何度くらいなのか?

低温期と高温期の温度は、個人差が大きいですので、一概に何度ということは出来ません。
目安としては低温期から0.3度ほど差があれば高温期だと言えます。
ただし、体調不良や季節によっても変化しますので、あまり神経質になりすぎないように注意してくださいね。

基礎体温で分かる排卵日と生理のタイミングとは

基礎体温の計測を続けていくと、排卵日と生理のタイミングが予測出来るようになってきます。
排卵日は低温期から高温期に移り変わる間に起こります。
そして、生理は高温期から低温期に移る時に起こります。
例をあげてみると、生理サイクルが28日の女性の場合、低温期がだいたい14日間続き、その後高温期が14日間続きます。
排卵日は低温期から高温期に移り変わるタイミングで起こる可能性が高いので、14日目前後だと考えると良いでしょう。
そして、生理が始まるのが高温期から低温期に移り変わるタイミングで起こる可能性が高いので、28日目前後だと考えるとよいでしょう。
数カ月間基礎体温を計測していると、自分の基礎体温の「癖」が分かるようになります。
体温がガクッと以降していく人もいますし、ゆるやかな人もいます。
体調の変化にも意識するとより排卵日と生理日のタイミングが分かりやすくなりますよ。

まとめ

基礎体温を計測すると、妊活もしやすくなりますし、病気の発覚が出来ることもあります。
慣れるまでは計測忘れをしてしまうこともありますが、少しずつ習慣化してみてくださいね!







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.