保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

突発性発疹の特徴と対処方法。病院に行った方がいいの?

投稿日:

産まれたばかりの赤ちゃんの体の中には、ママから受け継いだ免疫が備わっています。
しかし、その免疫も月齢が進むにつれて徐々に弱くなっていき、突発性発疹として症状に現れます。
今回は、この突発性発疹について詳しく調べてみましたのでご紹介したいと思います。

突発性発疹の特徴とは?

突発性発疹の症状が出るのが、だいたい生後6カ月頃から3歳頃までです。
しかし、赤ちゃん全員が必ず経験するわけではありません。
症状が軽くて気づかずに済んでしまうこともありますし、なかには突発性発疹を経験しない子もいます。
突発性発疹の大きな特徴は2.3日高熱が続き、熱がひくと体や顔にポツポツと赤く発疹が出ます。
この発疹には痛みや痒みはなく、家族に感染する危険もありません。

突発性発疹になってしまった時の対処法は?

突発性発疹になってしまった時にすべき対処法はありません。
突発性発疹を治すための薬もありませんし、発疹が出る前の高熱にも薬は必要ありません。
自分の免疫力で改善するのを待つしかないのです。

突発性発疹になったら病院には行くべき?

突発性発疹は、高熱が数日続きます。
熱が出た時点で念のために病院で診察を受けたほうが家族も安心出来ますよね。
最近では、熱が出たからと言ってむやみに飲み薬や熱下げの座薬を使うことが減りました。
しかし、薬が出ないからと言って受診しないのも不安になりますので赤ちゃんの体調が悪いなと感じたら受診しておきましょう。

突発性発疹では、熱性痙攣が起こりやすい

突発性発疹では、40度近い高熱が出ます。
たとえ高熱が出ていても赤ちゃんの元気があれば家の中で安静に過ごしていれば問題ありません。
しかし、突発性痙攣の時に併用して発症しやすいのが熱性痙攣です。
熱性痙攣とは、急激に高い熱が出る時に赤ちゃんの体が熱のストレスに耐えきれず痙攣としてストレスを解放しているような状態です。
両手両足をピーンと伸ばしてピクピク痙攣します。
目は白目をむいてしまい、家族はパニックになるはずです。
しかし、5分以内に痙攣がおさまり普段通りに戻れば問題ありません。
熱性痙攣や高熱が脳にダメージを与えることもありませんので安心してくださいね。
突発性発疹では熱性痙攣が起こるかもしれないと頭の片隅にいれておくと良いでしょう。

まとめ

突発性発疹は、ある日突然発症します。
高熱が出てグズグズと機嫌が悪くなることもあり家族も大変ですが、大切な成長過程です。
家族でフォローし合いながら乗り越えましょうね!







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.