保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

妊娠中に避けたい食べ物は?

投稿日:

妊娠中に避けたい食べ物や飲み物などは良く知るものからあまり知られていないものまで多数あります。神経質になりすぎない程度に気を付ける必要があります。

生の魚介類や肉類は食中毒が心配なのでNG

まずは生の魚介類です。特に貝類などを食べて「ノロウイルス」に感染してしまうとひどい嘔吐・下痢・腹痛が伴い、そして38℃程度の発熱も引き起こします。妊娠期間中は免疫力が低下し、ウイルスによって食中毒に陥りやすいので、魚介類は加熱してウイルスを死滅させてから口にするようにしましょう。さらに、生肉を食べると「O-157」や「トキソプラズマ」を患う心配があるので、こちらもしっかり加熱をして食べるようにしましょう。妊娠中は薬も飲めないので、感染後の症状がなかなか治まらず、治癒までに時間がかかります。さらに、その間に胎児にしっかり栄養が行きわたらず、低体重児になってしまうような可能性もあります。

マグロや海藻の水銀にも注意

これに加え、マグロも接種の目安量が決められていて、あまり食べ過ぎないようにしなければなりません。胎児へ影響を与える可能性がある「メチル水銀」が含まれているからです。通常であればマグロから摂取してしまった「メチル水銀」は、便と一緒に徐々に体外へ排出されるので問題ないのですが、妊娠中に「メチル水銀」を含む魚介類を大量に摂取すると、胎児にも「メチル水銀」が送られ、胎児はこれをうまく排出出来ない為に、影響を受けやすいとされているのです。その他にも、海藻類で、特にひじきには注意しなければなりません。ひじきも海中の水銀やヒ素を微量ですが含んでいます。

感染を防ぐ為にも生卵は避けるべき

さらに、生卵を食べるとサルモネラ菌に感染してしまう恐れがあるので、避けなければなりません。通常時も、サルモネラ菌に感染するリスクはありますが、感染しても薬を飲んで安静にし、数日の下痢の後に回復できます。しかし、妊娠中に感染すると、下痢や腹痛が子宮を刺激し、早産や流産の原因となるのです。

カフェイン摂取量に注意

良く知られているものであれば、カフェインを含むコーヒーや紅茶、アルコールを含むお酒などは避ける必要があります。これらは血管を委縮させたりして、胎児に必要な栄養を送る妨げになる為です。日常生活において、特にカフェインに関しては様々なところに含まれています。コーヒー1杯程度であれば摂取しても問題ないとされていますが、栄養ドリンクなどにも含まれているので、摂取量には注意が必要です。







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.