保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

前期破水・早期破水・高位破水の違いは?

投稿日:

同じ「破水」と言っても、実は種類があり、その「種類」によって、どの部分から水が出ているのか、どれくらい出産が間際なのかがわかります。そもそも破水とは、胎児を包んでいる卵膜が破れ、羊水が出てきている状態を指しますが、どのようなタイミングで破水したのかや、どの部分を破水したかなどによって、注意すべきことも変わってきます。

前期破水は陣痛前に起こる

まず、破水の種類である「前期破水」とは、陣痛が来る前というタイミングで破水することを意味します。通常の破水の流れでは、おしるしがあり、その後陣痛が来て子宮口が開き、破水が起きます。しかし、この「前期破水」では、陣痛も来ていないので、もちろん子宮口が開いておらず、破水から子宮口が開いて分娩室へ行くまでの時間が長い場合は、赤ちゃんの感染症を防ぐ為の薬を点滴して、陣痛が強くなるのを待ちます。

早期破水は子宮口が開く前に起こる

一方で、陣痛が来ていて、子宮口が全開する前に破水することを「早期破水」といい、「前期破水」とは区別されます。この場合も正期産の場合は子宮口が開いてくるまでの時間が長いと、薬を飲んだりして感染症を抑えながら、出産するようになります。逆に、37週未満の正期に入っていない状況での「早期破水」「前期破水」などであった場合は、赤ちゃんが低体重児で生まれるなどのリスクもあるので、早期の手当てが必要です。すぐにかかりつけの産婦人科で受診しましょう。

高位破水は子宮口の近くで起こる

破水にはこれらの他にも「高位破水」というものがあります。通常の破水では、子宮口の近くが破水するので、一気に羊水が大量に流れ出てくるので、「破水だ!」とすぐに気づきます。しかし、卵膜が子宮口と離れた場所で破れて破水した場合、羊水がチョロチョロ流れてきたり、量が少なすぎて気づかないことがあります。場合によっては、尿漏れだと思う妊婦さんもいるようです。この場合は「破水かな?」と疑問に思う妊婦さんが多くなります。見分け方としては、何度も自分では実感のない尿漏れのようなものがあり、下腹部に違和感があった場合は、病院を念のため受診すると良いでしょう。病院で検査をすれば、破水しているかはすぐにわかります。破水後は、感染症を予防する為にも、子宮口が開き出産するまでの間に病院で入院して過ごす必要があります。また、破水しているのに「しばらくシャワーが浴びられない」などと思って入浴やシャワーを浴びてしまうと、感染症リスクが高まるので、破水したら絶対に入浴せず、すぐに病院に行きましょう。







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.