出産予定日を過ぎた!どうなる?帝王切開?

投稿日:

出産予定日を超過してしまい、過期産となる場合には2通りの処置が考えられます。1つは帝王切開、そしてもう1つは誘発分娩です。それぞれにメリットデメリットがあり、どのような流れになるかも異なります。

誘発分娩とは?どうやって行うの?

1つは、誘発分娩です。特に問題がなければ、この手法が取られる場合が多いです。基本的に出産予定日を過ぎてもまだ出産が起こらない場合は、1週間置きに病院に通っていたところを、3日に1度などの頻度で通うようになります。この頃には、仕事もお休みに入っている人も多いので、多くの人がこの頻度で病院に通いますから、胎児が予想外に急に大きくなったりすることはありません。基本的には誘発分娩も、胎児や母体に負担をかけるので、できるだけ自然分娩をさせたい医師が多く、ぎりぎりまで自然な陣痛が始まるのを待つ場合が多いでしょう。どうしても出産予定日を超過して、まだ陣痛がない場合で、かつ自然な7形での分娩が可能な胎児のサイズや体力があるのであれば、この処置が取られます。この場合、「陣痛促進剤」を母体に投与し、子宮の収縮を促して陣痛を強めます。この陣痛促進剤を投与すると、強すぎる陣痛が来るので、慎重に少しずつ量を増やして投与します。間違った量を投与すると、子宮が破裂してしまう恐れもあるので、そのリスクを負うようになります。さらに、胎児については、出産後に黄疸が表れる可能性が高まるとされています。

帝王切開とは?どうやって行われるの?

2つ目の手段は帝王切開です。基本的には1つ目の誘発分娩という形を取られることが多いですが、すでに陣痛が始まっていて、微弱なままであり、子宮口がなかなか開き切らず、母体も胎児も体力がなくなりそうな状況では、この方法が選ばれます。さらに、出産予定日を超過しても、胎児がなかなか外に出てこず、「陣痛促進剤は使わない方針」を掲げている病院などでは、帝王切開の処置が取られます。その他にも、なかなか定期的に病院に通えず、気づいたら胎児がかなり胎内で大きくなってしまい、外に自然分娩で出てくるのが難しい場合も、この方法が取られます。出産時の痛みはなく、麻酔をかけられているので強い陣痛に悩まされることはありませんが、おなかに傷が残るので、次の子の出産時にも帝王切開で産まなければならなくなります。さらに、産後の復帰が少し遅くなり、自然分娩の場合よりも、母体の回復までが長引きます。さらに、産道を通らず赤ちゃんが外に出てくるので、肺の中の水をうまく吐きだせず、しばらくは肺呼吸機能が弱い場合があります。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.