保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

おしるし~陣痛~出産までの流れ

投稿日:

おしるしとは、医学的には「産徴」と呼ばれ、いよいよ出産が近づき、子宮の出口が開いてきたことを意味しています。これがあってから赤ちゃんが出てくるまでの流れには個人差がありますが、大まかにはその後に陣痛が起こり、破水後赤ちゃんが出てくる流れになります。

おしるしって何?どうして起こるの?

これが起こる理由は、赤ちゃんをそれまで包んでいた卵膜と子宮の壁との間にすき間ができ、少量の出血が起こるためです。これが産徴ですね。ピンク色の血の混じったおりもののような見た目ですが、出血かと思ってびっくりしないようにしましょう。このような仕組みで産徴が起こるので、基本的には何の前触れもなく起こるというよりは、前駆陣痛があり、その際に生じた子宮と卵膜のすき間から出血して起こるので、この前に何らかの子宮の張りや痛みがあると考えておきましょう。

おしるしがあったらすぐに出産?

これがあったら、「いよいよ出てくる!」と思いがちですが、定期的な痛みがあるまでは、まだまだ始まらないこともあるので、いったん落ち着きましょう。実はこの微量の出血があっても、なかなか本格的な痛みがなく、産むのがその1週間後という人もいるのです。さらには、この産徴が全くなかったという人もいるのです。ですから、全然出血がないままに、陣痛が始まっても何の問題もありませんので、心配は無用です。おしるしがあっても、特に安静にする必要はありませんから、普段通りの生活をしておきましょう。ただし、いよいよ出産間際ですから、入院準備物が整っているかや、周りのお世話になる予定の人には、あらかじめ言っておくと良いですね。

その後の出産までの流れは?

おしるしがあった後の流れとしては、間隔は決まっていないものの、その後本格的な陣痛が始まります。定期的な痛みが始まったら、すぐに病院に行くのではなく、まずは時間を測り始めましょう。時間の間隔を測り、また痛みの起こっている間の時間の長さも計測します。定期的な痛みがあっても、すぐに生まれるわけではありませんから、痛みが落ち着いたら、身の周りのことをしつつ、出産準備をして、痛みの間隔が短くなるのを待ちましょう。初産の場合は、この痛みに気づけるかを心配する人もいますが、明らかに子宮が収縮し、痛み始めるので、心配の必要はありません。そして、赤ちゃんは時間をかけて出てきますから、まずは落ち着いて行動し、本格的な陣痛になる前に病院へ行きましょう。万が一破水をしてしまうと、感染症の心配もあるので早めに病院に行きましょう。







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.