おしゃぶりの消毒方法と保管方法について

投稿日:

大人と違って免疫力の低い赤ちゃんが口にするものは、何かと気を使ってしまうものです。特におしゃぶりなどは、消毒をして常に清潔な状態にしておくのが望ましいといえます。ご機嫌におしゃぶりを吸っているのを無理に取って消毒する必要はありませんが、寝付くなどして抵抗なくおしゃぶりが取れたら、きちんと消毒をして保管しましょう。

おしゃぶりの消毒はどうする?

ミルクを飲ませているのなら、哺乳瓶の消毒と一緒に行うと、忙しいママの時短になっておすすめです。方法はいくつかありますが、鍋にお湯を沸かして消毒するのは、昔から行われているスタンダードな方法です。お湯が沸騰したら、中に空気が入らないようにおしゃぶりを入れ、3分程度煮沸させて取り出します。取り出す際は、専用のトングなどを利用すると良いでしょう。その後は、哺乳瓶専用の保管ケースなどに一緒に入れておきます。

また、消毒液を使う方法もあります。専用のケース・専用の消毒液を用意し、決められた量の洗浄剤を水に溶かして、おしゃぶりを浸けて1時間以上放置します。この時も、できるだけ中に空気が入らないように注意しましょう。消毒液は次亜塩素酸ナトリウムと呼ばれる成分が使用されているのですが、この液体はミルクに反応すると分解される性質があります。そのため、使用する直前まで液体の中に保管しておくことも可能で、すすぐ必要もありません。やけどの心配もなく手軽ですが、1時間以上は放置する必要があるので、すぐに使いたい時にはやや不便だといえそうです。

他にも、電子レンジを使った消毒方法があります。専用の消毒器におしゃぶりと水を入れ、1分程度チンすれば完了です。お湯を切って、消毒器の蓋をしておけばそのまま保管できます。すぐに使う時には、中に熱湯が残っていないか十分に確認するとともに、おしゃぶりが冷えてから使うことが大切です。

神経質になりすぎも良くない?

産まれたばかりの赤ちゃんには、免疫グロブリンと呼ばれるたんぱく質があるため、そのままでも細菌などから守られています。でも、免疫力は生後1か月頃にはガクッと下がり、生後3か月過ぎ頃から、少しずつ免疫力が付いていくようになっています。

赤ちゃんの身の回りのものは細心の注意を払いたいものですが、あまり神経質になりすぎても、免疫力が付かなくなってしまい、それはそれで心配です。しかし、おしゃぶりを使う時期は、免疫力が非常に低い時期と重なります。また、夏場など、食中毒が流行っている時期には、特に念入りな消毒が必要だといえるでしょう。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.