保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

マタニティヨガはいつから?メリットと注意点

投稿日:

マタニティヨガのメリット

ヨガというと、通常は体幹を鍛えるためのストレッチを行います。しかし、マタニティヨガでは、お腹の中にいる赤ちゃんにも優しい動きが組み込まれており、ヨガを通して体の筋肉をほぐしたり、呼吸法を通してリラックスすることができます。

妊娠をすると、お腹の中にいる赤ちゃんを気遣って、いつもよりも動作がゆっくりになったり、安静を意識することから、からだ全体の運動が減ってしまいがちです。そんな中でマタニティヨガをすることにより、固まりがちな筋肉をほぐしたり、妊娠中のからだに優しい動きを通して、筋肉の衰えを防ぐことができます。また、リラックスしながら呼吸法を身に着けることにより、出産の時にも慌てずに、落ち着いて呼吸をすることができるというメリットがあります。

マタニティヨガを始める時期

マタニティヨガは、妊娠が順調であれば、妊娠13週から14週に入ったころから始めることができます。妊娠中は、ちょっとしたことが赤ちゃんに影響を与えてしまうことがあります。マタニティヨガを始める場合には、事前に担当の医師に安全であることを確認した上で始めるようにしましょう。

マタニティヨガは、妊娠が順調であれば、出産直前まで続けることができます。マタニティヨガを続けることにより、妊娠中の運動不足を予防したり、ストレスも解消することができるでしょう。マタニティヨガを始める前だけでなく、出産まで継続する場合には、検診のたびに、マタニティヨガを継続して大丈夫かどうか確認するようにしてください。万が一妊娠中にトラブルがあった場合や、医師から安静を言われている場合には、ヨガは中断し、赤ちゃんのためにからだを休めることが大切です。

マタニティヨガの注意点

マタニティヨガは、妊娠中のからだに様々なメリットを与えてくれます。しかし、妊娠中はからだが敏感でもあることから、マタニティヨガをする際には幾つかの点に注意する必要があります。まず、マタニティヨガをする際には、締め付けの少ないゆったりとした服装で行いましょう。万が一お腹が張ってきたらすぐに中断し、からだを休めることが大切です。

妊娠中は貧血になりやすいのも特徴です。貧血気味の時は、からだを大事にして、ヨガはお休みするか、見学する程度にしておくのが無難でしょう。体調不良を避けるためには、食事の前後2時間を避けて行うと、さらに安全にマタニティヨガを楽しむことができます。それ以外にも体調がおかしいと感じたら、ヨガはお休みして、担当の医師に相談するようにしましょう。







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.