保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

妊娠線はいつからできる?原因と対策

投稿日:

妊娠線ができ始める時期

妊娠をすると、お腹の中で赤ちゃんが大きくなるのが楽しみなのと同時に、妊娠中の様々なトラブルに悩まされます。そのひとつが妊娠線です。妊娠線の悩みは、妊娠中には避けては通ることができない悩みのひとつです。妊娠線は、お腹が大きくなり始める妊娠6カ月頃からでき始めるといわれています。とはいっても、個人差があることから、妊娠6カ月前からでき始める人もいれば、7カ月や8カ月頃からでき始める人もいるようです。

妊娠線の原因

妊娠をして、お腹の中で赤ちゃんが大きくなると、急激に皮膚が伸ばされることから、皮膚の伸縮の限界を超え、皮膚に亀裂が入ってしまいます。亀裂ができるだけでなく、人によっては赤紫の色が残ってしまうこともあります。妊娠線は、凸凹とした線がお腹全体に入ってしまう人や、お腹の中央に太くて茶色い線が残ってしまう場合もあります。

妊娠線ができる原因は、妊娠によるホルモンのバランスにもよることがあります。妊娠をするとホルモンバランスが変わり、コラーゲンの生成が抑制されたり、お肌のターンオーバーも衰えます。そして、お肌が弱くなったところに皮膚が伸縮するので、妊娠中は皮膚がダメージを受けやすい状態でもあるのです。

妊娠線を予防する方法

妊娠線を予防するためには、お腹が大きくなる前の段階からお手入れを始める必要があります。お腹が大きくなる前から妊娠線用のクリームを使って保湿をすることにより、お肌の伸縮によるダメージを最小限に抑えることができます。お肌は、潤いを失うと、ダメージを受けやすくなります。潤いを維持することにより、健康なお肌を維持することができるのです。

また、妊娠線用のクリームを使うだけでなく、入浴後などには化粧水などでお肌の状態を整えてからクリームをつけることで、クリームの浸透を助け、より高い効果を得ることができます。

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防クリームには様々なものがあります。中でも、ビタミンEが配合されているクリームは、お肌に潤いを与えるだけでなく、皮膚の伸縮によりダメージを受けても回復させてくれる働きがあることから、妊娠線の予防にもおすすめです。

また、お肌へのなじみも大切です。試供品があれば、まずは試してお肌になじみやすいクリームを選ぶようにしましょう。それ以外には、赤ちゃんのために添加物が含まれているものを避けることや、価格を気にせずたっぷり使える値段の商品を選ぶことも大切です。







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.