保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

あると助かる、陣痛中・出産中に必須アイテム

投稿日:

いよいよ妊娠後期にさしかかり、計画分娩でなく自然分娩を計画している妊婦さんは、出来るだけ安産で出産したいと願っておられるのではないでしょうか。産院のパンフレットやインターネットでの情報を頼りに、入院に必要なものや、産後に必要なもの、またマタニティ期から使えるグッズ、赤ちゃんの衣服なども、妊娠後期になると用意し始めることと思います。里帰りの場合は、実家近くにて、必要なものを購入し、破水や陣痛に備えて入院グッズを揃え始めますよね。そんな時、意外と忘れがちなのが、陣痛中から出産までに用意すべきグッズです。お産に集中できるように、陣痛用に準備しておくべきものを3つ紹介したいと思います。

ストロー付きの飲み物

まず、ストロー付きの飲み物などの、飲みやすい飲み物の準備が必要です。産院の自動販売機で買えばいいのですが、ペットボトルのものしかない、好みの味のものがない場合があります。陣痛が長引く場合は、ペットボトルにさして飲めるストローキャップも便利です。お産は数時間で終わらない場合もありますし、ベッドの上でペットボトルの状態では飲みにくいのです。陣痛の痛みが和らいでる間に、素早く水分補給が出来るような工夫が必要です。食べ物が食べれない場合に備えて、ゼリー状の栄養補助食品も便利です。

陣痛アプリ

次に、陣痛アプリをインストールしておきましょう。前駆陣痛なのか、本陣痛なのか、なかなか判断がつかないときに、ペンとメモ帳を用意して陣痛の間隔をメモする必要がありますが、陣痛は夜中に始まる場合も多く、灯りをつけてメモをしにいくと、他の家族を起こしてしまう可能性があります。そんなとき、陣痛アプリがあれば、アプリを起動させてスタートとストップを押すだけで、陣痛持続時間も計算してくれるので、便利です。前駆陣痛が、本陣痛が起こるまで1週間毎晩、夜中に起きる、という場合もあり、手軽に陣痛間隔を記録したいときに役立ちます。

テニスボール

最後に、テニスボールです。陣痛は、赤ちゃんの位置や性別によって様々ですが、お腹をなでるほうが楽になったり、肛門の少し上辺りにテニスボールを当てて押すことで楽になったり、呼吸法で楽になったり、そのときになってみないとわからないので、とりあえずテニスボールを用意しておくことをおすすめします。子宮口が全開になりまで、ひたすらいきみ逃しをしなければならないので、その長い時間に、テニスボールがあったほうが楽になる可能性を考えて、ぜひ用意しておいてください。

以上のものを用意し、陣痛を少しでも和らげたり、手間を省けるように、妊娠後期のうちに準備しておくことをおすすめします。







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.