保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

妊娠中に歯科検診をおすすめする理由

投稿日:

赤ちゃんを授かり、大きな喜びと少し不安も入り混じる妊娠中。元気な赤ちゃんを産むために、食事に気をつけたりライフスタイルに気を配っているママも多いでしょう。
ですが「歯」のことを忘れてはいませんか?実は妊娠中は、特に口腔内のトラブルに注意する必要があるのです。
それを避けるために必要になってくるのが、歯科検診。ここでは、妊娠中の歯科検診の重要性についてお話していきます。

歯茎のトラブルや歯周病のリスクが高くなる

妊娠すると、体内では様々な変化が起こってきます。ホルモンバランスもそのひとつ。赤ちゃんを授かると、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌が大幅に増えてきます。エストロゲンは女性らしい体を作り出し、プロゲステロンは妊娠のために必要な状態へ導く重要な役割を果たしている反面、プレボテラ・インテルメディアとよばれる菌を増殖させてしまうという性質もあります。この菌の正体が、歯周病菌です。この菌が増えると、歯茎から出血しやすくなったり、やがて歯周病へと進行します。歯周病になると歯茎が炎症を起こすだけでなく、歯周病菌が歯茎の中に入り込むことで歯を支えている歯槽骨を破壊し、最悪のケースでは歯を失うことにもなりかねません。

赤ちゃんにも悪影響が

歯周病になってしまった場合、影響を受けるのはママだけではありません。歯周病菌は血液によって全身へ運ばれるので、当然赤ちゃんのいる子宮にも到達します。すると体内では、プロスタグランジンとよばれる物質を増やすよう指令が出されます。プロスタグランジンは炎症が起こった時や、陣痛を起こさせる時に分泌される物質。つまり歯周病菌が全身に広がることで陣痛が起こりやすい状態になり、早産につながる可能性もあるのです。その割合は、歯周病ではないママと比較すると、7倍以上になると言われています。赤ちゃんは、ママのお腹の中で成長してから生まれてきます。そのため、早産になった場合は成長途中のこともあり、臓器などが未発達の状態。それが様々な病気の引き金になることも少なくありません。

虫歯になりやすくなる

唾液には口腔内を洗浄する作用や、酸の影響でダメージを受けた歯の再石灰化を促し、虫歯への進行を防いでくれる役割も担っています。ですが妊娠中は、唾液が分泌されにくくなる傾向があるため、再石灰化が行われず虫歯のリスクを高めてしまいます。

いかがでしたか?このように口腔環境の悪化はママだけでなく、赤ちゃんにも影響が出てくるため、妊娠中の歯科検診はとても大切です。近年は妊婦さんを対象にした、マタニティ歯科を取り入れている歯科医院も存在します。ぜひ、ご自身や大切な赤ちゃんのためにも、歯科検診を受けてみてください。







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.