保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

妊娠中の車の運転・自転車はいつまでOK?

投稿日:

待望の妊娠!嬉しいけれど、車の運転はいつまでOKなのか、そして自転車に乗っていいのかどうなのか?という点は気になりますよね。
特に交通が不便な地域に住んでいる人は、移動手段がなくなってしまうと困ってしまいます。かといって、お腹の赤ちゃんに影響があるものは避けたいもの。
そこでこの記事では、妊娠中の車の運転や自転車はいつまでOKなのかについてまとめました。

妊娠中の車の運転はいつまでOKなの?

そもそも普段車を運転しているという人は、通勤や通学、家族の送り迎えなどで車が必要不可欠だという人がほとんどですよね。
なので、妊娠したからと言って運転をやめるという人はまれでしょう。
妊娠イコール車の運転はダメというわけではないのですが、例えばつわりで気分が悪いとか眠たい、妊娠中期以降にお腹が大きくなることで足が動かしにくくなるなど、普段より運転しづらい状況になっていることはきちんと意識する必要があります。
もちろん切迫早産などで医者からストップされている場合は運転は避けるべきです。いずれにしても、運転をする場合には普段より余裕を持って出かけ、ゆっくりと運転すること、少しでも体調が思わしくなかったら休憩することを心がけましょう。
また、妊娠中でも安全のためシートベルトは必ず付けるようにしたいもの。お腹への負担を避けるため、腰ベルトはお腹の下のほう(恥骨のあたり)に来るように着用しましょう。

妊娠中の自転車はいつまでOK?

それでは、妊娠中の自転車はいつまでOKなのでしょうか?
結論から先に言うと、「妊娠初期から妊娠後期まで、ある程度のリスクはあります」。
例えば妊娠初期でしたら、眠気などつわりの症状で自転車に乗っている際に注意力や判断力が低下することで事故に繋がるリスクが上がることが考えられますし、妊娠中期以降はお腹がどんどん大きくなり、バランスが悪くなってしまい転倒してしまう危険性もあります。
自転車で最も心配なのは、振動や転倒した場合の衝撃で流産に繋がるのではないか…と言う点ですが、実際のところは妊娠初期の流産というのはほとんどが受精卵の異常によるもので、心拍確認後は自転車に乗ることを含めて日常生活の範囲内の行動では流産が起こる可能性は少ないことがわかっています。
ただ、何かあった時に自分を責めてしまうことのないように、本当に必要なのかどうかと言う点はじっくりと検討してから乗るようにしたいですね。
どうしても自転車に乗る必要があるという人は、主治医に相談してから乗るようにしましょう。いずれにしても、乗る際にはサドルを下げて転倒しにくくする、出来るだけ安全な道を選んで走るというのは大事ですよ。

まとめ

妊娠中の車の運転や自転車はいつまでOKなのかについてまとめました。
車の運転も自転車に乗る場合も、常に自分の体調と相談しながら安全第一を心がけて乗るようにしましょう。







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.