保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

ベビーカーとバギーどっちにする?メリットとデメリット

投稿日:

赤ちゃんとの生活がスタートするとベビーカーやバギーは必需品となります。お散歩や買い物、旅行にと、赤ちゃんを抱っこしたまま出かけるのは大変ですし、ママの体力や安全面で問題が生じるからです。しかし最近は国内だけでなく海外メーカーの品も注目度が高まっていて、その選択肢は増える一方です。ベビーカーとバギーにはどんな違いがあって、どちらを選ぶのが良いのでしょうか。

使い始められる時期は?

ベビーカーとバギーはそもそも使用対象となる年齢や時期に違いがあります。まずベビーカーにはA型とB型の2種類があり、前者は生後1か月頃から使用することができます。後者は生後7か月頃から使用できて、それぞれ4歳頃までを使用可能年齢の制限としています。それぞれの違いは前者のほとんどにリクライニング機能が付いている点です。首が座る前で寝姿勢でいることの多い新生児でも使えるのがA型の特徴です。
一方のバギーはB型と同様に生後7か月頃から使用できますが、使用可能年齢が短く、2歳~3歳頃を想定しているメーカーが多くなっています。これは構造上の問題で、バギーの方が簡素な作りになっているものが多いためと考えられます。

赤ちゃんにとって快適な方は?

ベビーカーは一般的に頑丈な作りになっているものが多く、クッション性にも優れています。リクライニングできるという面でも、赤ちゃんがより楽な姿勢を取ることができると言うことができるでしょう。一方でバギーの方はシンプルな構造で、使用感よりも操作性や機能性、軽量化といった点に力を入れているものが多くなっています。メーカーやそれぞれの金額によっても異なりますが、赤ちゃんにとって快適なものはベビーカーに多い傾向にあります。

ママにとって移動が楽な方は?

実際に動かす側にとっては、軽量で機能性や操作性に優れたバギーの方が利便性は高くなります。特に電車での移動時にその差が出ます。階段の上り下りや使用しない時の折り畳みなど、バギーの利便性を感じる場面が多くあるからです。
しかし生後間もない時期はしっかりとした作りのベビーカーは便利なだけでなくママに安心感を与えてくれます。

それぞれの特徴を理解して選ぶ

ベビーカーとバギーにはそれぞれメリットとデメリットがあります。一長一短なので、成長段階や生活サイクル、行動範囲などに応じて選ぶのが良いでしょう。手頃な金額の品もあるので、成長に応じて買い足したという家庭もあります。先輩ママや友人などの意見も参考にして後悔しない選択をしましょう。







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.