保育士が執筆中!子育て情報サイト

こそだてイズム

未分類

児童手当とは?どうやって申請するの?

投稿日:

これから子育てをするとき、児童手当をもらえることを知っていますか?これは国から支給される手当で、つまりはお金をもらえます。

国内で子育てをする方は対象となる場合がほとんどですし、手続きもそれほど難しくありません。詳しくご紹介しましょう。

児童手当とは

児童手当とは、児童を育てている家庭に支給される国からのお金です。それが支給されるのは、子育て支援のためですね。子供を育てている家庭の負担を少しでも軽くするほか、子供を育てやすい環境を整え、子育てに参加する方を増やすための手当でもあります。

この手当の対象になるのは、国内に住所を持つ中学生までの子供です。その子供を育てている家庭には、この手当が支給されます。

子供を産んだ家庭や、子供を引き取って育てている家庭など、日本国内で子育てをしている家庭は対象になることがほとんどですから、ぜひ利用するといいでしょう。

支給される児童手当は月額いくら?

0歳から3歳未満までの子供は、一律で15,000円が支給されます。3歳以上・小学校終了前までは、第1子・2子までの子供が10,000円、第3子以降は15,000円となります。ここは子供の数によって金額が変わりますから注意してください。

中学生に上がった子供はまた一律の支給額となり、1人あたり10,000円となります。

家庭の収入に注意!児童手当には所得制限がある

このように子供を育てている家庭には児童手当が支給されるのですが、これには所得制限があります。簡単にいうと、家庭の収入が多い場合は、通常よりも少ない手当となるのです。

具体的に年収がいくらだと制限を受けるかというと、これは手当を受け取る方の扶養家族の人数によって決まります。たとえば合計3人の扶養親族がいる場合、736万円以上の所得があると手当が制限されます。736万円の所得となる目安年収は960万円です。

扶養親族が増えるほど制限を受ける所得の基準額は高くなり、逆に扶養親族が少ないほど低くなります。つまり家族が多いほど高い年収でも手当を受け取りやすく、家族が少ないと所得制限にも当てはまりやすくなるのです。

もしこの制限を受ける場合は、月額の支給額が一律で5,000円と、通常よりも少ない手当となりますから注意してください。

児童手当をもらうための手続き

児童手当をもらうための手続きは、子供が生まれたときの出生届の提出時や、他の市町村への転入・転出手続き時にあわせて行うのが一般的です。窓口で一緒に案内されることもありますが、自分からも児童手当の手続きをしたいことを伝えるといいでしょう。

具体的な手続きは、市役所等の窓口への書類の提出となります。そのときに認印、健康保険証等の身分証明書、手当の振込希望の口座の通帳やキャッシュカード、認印、マイナンバーなどが必要になります。これらを用意して市役所に行くと手続きがスムーズです。

■まとめ

ご紹介してきたように、国内で子育てをする場合は児童手当を受けられることが多いです。所得制限などもありますが、最低でもいくらかの手当ては受けられることが多いですから、ぜひ活用してください。







-未分類

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.