添い乳のメリットデメリット!いつまでやっていいの?

投稿日:

妊娠、出産を経てついにやってきた授乳!
最初からそんなに上手くいくわけもなく、苦労ばかりですよね。もちろん赤ちゃんも最初から上手におっぱいを吸えるわけもないので、軌道に乗るまでが本当に大変です。授乳の姿勢にも色々ありますが、ママが1番ラクなのは添い乳で間違いないです。

添い乳は、ママが横を向いた体勢で赤ちゃんも横になりながらの授乳体勢です。最初は少し苦戦するかもしれませんが慣れてしまえばこれ以外無理になってしまうほどラクです。夜間授乳は眠くて仕方ないので、添い乳に助けられるママはとても多いのです。
コツとしては、赤ちゃんに無理のない体勢で口元におっぱいをグイッと入れてあげる感じです。あまり浅いと乳腺炎の原因になってしまいますので注意してください。
また添い乳での夜間授乳も左右交互におっぱいをあげてください。どちらかだけだと翌朝あげてない方のおっぱいがカチカチになってしまいます。
そして添い乳最大のメリットは、空気があまり入らない体勢なのと、横向きでの授乳なのでゲップをしなくてもそのまま寝ても大丈夫だということです。
毎回授乳が終わってなかなかゲップしなくてとなると、ママの睡眠時間が短すぎて大変ですよね。
そのまま寝かすには横向きの姿勢が維持できるように、背中側に丸めたタオルを置いて寝返り防止させるなどはしてあげてください。万が一ということもありますので。

添い乳のデメリットですが、それはズバリおっぱいがないと寝なくなってしまうことです。
おっぱいを飲みながら寝てしまうことが多くなると、おっぱいを飲む=寝る
という認識をする赤ちゃんが多いです。
もちろん寝てくれればそれで良いという人もいると思いますが、例えばママが風邪をひいておっぱいをどうしてもあげられない時、パパに寝かしつけをしてもらいたい時におっぱいがないから寝れないということになってしまいます。

ということを踏まえて推奨したいのは、
「寝かしつけは添い乳以外で、夜間授乳は添い乳で」
です。
夜の寝かしつけだけ、絵本を読んであげたり抱っこで寝かしつけることを習慣づけてあげて、ママも眠たい夜間授乳は添い乳でママもラクをしてほしいです。
添い乳を覚えると本当にラクで添い乳ばかりになってしまうのですが、のちのちのことを考えると添い乳以外の授乳方法もしてあげたほうが良いです。
乳腺炎を防ぐこともできますので、添い乳だけでなく様々な体勢での授乳を試して自分と赤ちゃんに合った授乳方法を見付けてください。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.