産後の生理はいつから?子作りは?

投稿日:

産後、生理がくるのはいつ?

産後生理がくるのは母乳育児をしているかどうかで異なってきます。母乳育児をしていない方は産後の2〜3カ月で整理が始まる事が多く、母乳育児をしている方は、プロラクチンという母乳の分泌を促すホルモンが出ており、これが排卵を抑制する働きがあります。赤ちゃんが母乳を飲めば飲むほどおっぱいを吸う刺激によりプロラクチンが分泌され、排卵が起きず生理が止まります。母乳育児をしていても母体の回復が進めば生理は来ます。分娩後5〜7カ月で始まる事が多いようです。個人差がありますので早く始まっても問題はありません。ただ授乳中は生理が始まっても無排卵の事も多いようです。授乳をしなくなって生理が来ない場合、産後1年以内、もしくは断乳・卒乳後3カ月以内ならば心配は要りませんが、それ以上経っても来ない場合は体調不良の場合もあるので婦人科に相談してみましょう。

子作りはいつから?

産後の性交渉は1ヶ月健診で医師から問題ないとされれば再開しても良いとされています。産後すぐに2人目が欲しいという方もおられるでしょうが、産後はホルモンの影響により、生理がきても無排卵という可能性もあります。本格的に妊活をするのならば産後1ヶ月は安静にし、徐々に体を動かして調子が戻ってきたら再開する事が望ましいでしょう。また多くの人が妊娠をする為断乳をしますが、授乳中も生理がきていて排卵が起きていれば妊娠は可能です。授乳中は排卵を抑えるホルモンが分泌されていますが、母乳の量が少なかったり、ストレスがあると排卵が起こる可能性があります。2人目の妊娠の適切な時期は産後1年後以降とされています。1人目出産後早く2人目を妊娠すると早産や低体重出生児として産まれるリスクが高まると考えられています。2人目の妊娠を望むのならばその時の年代、体の事をよく考える事は大変重要な事です。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.