「 こそだてイズムの記事 」 一覧

no image

行った方がいい!妊娠中に歯科検診をおすすめする理由

赤ちゃんを授かり、大きな喜びと少し不安も入り混じる妊娠中。元気な赤ちゃんを産むために、食事に気をつけたりライフスタイルに気を配っているママも多いでしょう。 ですが「歯」のことを忘れてはいませんか?実は ...

no image

あると助かる!陣痛中の必須アイテム

いよいよ妊娠後期にさしかかり、計画分娩でなく自然分娩を計画している妊婦さんは、出来るだけ安産で出産したいと願っておられるのではないでしょうか。産院のパンフレットやインターネットでの情報を頼りに、入院に ...

no image

悪露(おろ)とは?いつまで続くの?

皆さん、「悪露」って言葉、聞いたことありますか?悪露は「おろ」と読みます。あまりなじみがない言葉ですよね。 出産という人生の大仕事を終えた後、赤ちゃんのいなくなった子宮は元に状態にすぐ戻るわけではあり ...

no image

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは?原因と対策

子育てをしている人の中には、乳幼児突然死症候群という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。乳幼児突然死症候群とは、その言葉からもわかるように、これまで元気にしていた赤ちゃんが、ある日突然、赤ちゃんが ...

no image

離乳食を食べてくれない!原因と対策

赤ちゃんが離乳食を食べない理由を知る 離乳食を始めてから順調に進んでいたものの、ある日突然これまで食べていた離乳食を食べなくなるということがあります。親としては、必要な栄養を取るために何とか食べさせな ...

no image

おっぱいマッサージはいつから?やりかたは?

おっぱいマッサージとは? 妊娠関係の雑誌やウェブサイトを見ていると、「おっぱいマッサージ」という言葉を目にすることもあります。このおっぱいマッサージは、赤ちゃんを母乳で育てたいと考えているお母さんには ...

no image

マタニティヨガはいつから?服装は?メリットと注意点

ヨガというと、通常は体幹を鍛えるためのストレッチを行います。しかし、マタニティヨガでは、お腹の中にいる赤ちゃんにも優しい動きが組み込まれており、ヨガを通して体の筋肉をほぐしたり、呼吸法を通してリラック ...

no image

おしゃぶりって良くないの?おしゃぶりのメリット・デメリット

おしゃぶりは子育てにどうしても必要なものではありませんが、使えば赤ちゃんがご機嫌になることから多用しているママも多いのでないでしょうか。確かに、ぐずついている赤ちゃんにおしゃぶりを吸わせれば、たちまち ...

no image

おしゃぶりの消毒方法と保管方法について

大人と違って免疫力の低い赤ちゃんが口にするものは、何かと気を使ってしまうものです。特におしゃぶりなどは、消毒をして常に清潔な状態にしておくのが望ましいといえます。ご機嫌におしゃぶりを吸っているのを無理 ...

no image

新生児とお出かけ!持ち物と注意事項

新生児とは生後1か月以内の赤ちゃんのことですが、抵抗力もなく首も座っていない時期だけに、できるだけ外出は控えた方が良いとされています。しかし、やむを得ず出かけなければならない時があるかもしれません。そ ...

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.