赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗っていいの?日焼け止めの選び方

投稿日:

赤ちゃんに日焼け止めは必要

夏のお出かけ時に紫外線から肌を守るために必要不可欠な日焼け止めですが、そもそも赤ちゃんに日焼け止めは必要なのでしょうか。結論から言いますと数分程度の軽い外出であれば日傘などを利用して紫外線が直接肌に当たらないようにすれば大丈夫ですが、長い時間外出する場合には日焼け止めは必須です。
生後数ヶ月間は肌が敏感な上にバリア機能も不十分なので紫外線を浴びることで赤ちゃんの健康に悪影響が生じてしまうことがあるのです。具体的には20分以上外出する場合には日傘などと併用して日焼け止めを利用することをおすすめします。

日焼け止めはいつから利用できる?

明確に何ヶ月からOKという決まりはなく、0ヶ月から利用可能なものもありますが、赤ちゃんの肌への負担を考えると生後2ヶ月から3ヶ月経過してから利用し始めるのがおすすめです。日焼け止めを実際に塗る際には利用可能な年齢を十分に確認して選択をしましょう。なお夏の暑い日でも外出時には必ず日焼け止めが必要というわけでなく、日差しの強い時間帯に20分以上外出する場合が目安になります。日差しが弱い早朝の時間帯や短時間の外出であれば無理に利用する必要はないことを覚えておいて、状況に応じてうまく利用しましょう。

日焼け止めを選ぶ際のポイント

大人向けの日焼け止めを選ぶ場合には伸びの良さや塗安さを重視して選びがちですが、赤ちゃんの向けの日焼け止めを選ぶ場合には安全性を最優先に考えることが大切です。具体的には肌への負担が強いものや化学成分等が含まれている日焼け止めは利用しないようにしましょう。購入前に成分表示を確認して合成界面活性剤や防腐剤や合成ポリマー等が含まれているものは避けたほうが無難です。
オーガニック製品や無香料・無着色の日焼け止めを選ぶのを基本として、できれば紫外線吸収剤が含まれていないノンケミカルタイプのものを選ぶと肌への刺激が少ないので安心して利用できます。またSPF値については10から20程度の数値のもので十分なのであまり数値が大きく義無いものを選びましょう。
加えて事前に日焼け止めの落としやすさについて確認しておくことも大切になります。日焼け止めの成分が長時間残ったままだと赤ちゃんの肌にとっては相当な負担がかかります。ぬるま湯や赤ちゃん向けの石鹸でも無理なく落とせるタイプのものを選ぶと安心して長期間利用し続けることができます。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.