離乳食の進め方(初期・中期・後期)

投稿日:

そもそも離乳って?目的は?

生まれたての赤ちゃんは母乳や育児用ミルクなどを飲んで栄養を摂取しますが、いずれは赤ちゃんにも歯が生えてきますし、自分で食べ物を噛んで食事を摂らなければならない時期が来ます。赤ちゃんがスムーズに自分の力で食事ができるように乳汁から幼児期への食事の移行期間のことを離乳といい、歯が生え揃っていない赤ちゃんでも食べやすいように工夫された食事のことを離乳食と言います。離乳食は赤ちゃんの健やかな成長のためには欠かせませんから、愛情を込めて丁寧に作ることが大切になります。

離乳食はいつ頃から始めるの

離乳食を始める目安は生後5ヶ月から6ヶ月程度経過した頃からになります。離乳食を初めたばかりの頃は母乳や育児用ミルクなどは赤ちゃんが欲しがるだけ与え、1日1回スプーン一杯から初めます。お粥をすり潰したものから与え始めて、慣れてきたらすり潰した野菜をあげるようにしましょう。

離乳食の中期にはどんなものをあげれば良いの?

生後7ヶ月から8ヶ月程度経過したら1日1回のペースから1日2回へと食事のペースをアップします。食事の固さは完全にすり潰した状態ではなく敢えて固形の状態のものを残して舌で潰せる程度の固さに調節します。またあげる品目も増やして様々な味覚を赤ちゃんに体験させてあげましょう。
さらに生後9ヶ月から11ヶ月頃の離乳食中期の後半に差し掛かった頃にはさらに食事のペースをあげて1日3回の食事をあげるようにしましょう。この時期になるとお粥をすり潰す必要はありませんし、野菜の固さも舌ではなく歯茎で噛み潰せる程度の固さに調節すると赤ちゃんの発育が進みます。

離乳食後期の食事を教えて

生後12ヶ月から18ヶ月は離乳食の完了期間です。この時期にもなると子どもは手づかみ食べを始めますし、あげるご飯もお粥でなくて少し柔らかめのご飯も大丈夫です。この時期に特に大切になるのが1日3回できるだけ生活なリズムで食事をあげることと様々な食べ物を子どもに与えることになります。
1日3食を正確にあげ続けることで食生活のリズムを整えたり正しい食生活の意識を赤ちゃんに意識付けることができますし、様々に食べ物をあげることで苦味や酸味や甘味などを舌が覚えるために将来子どもが好き嫌いをしてしまうリスクを下げることができるのです。
特にピーマンやトマト、ほうれん草などの独特の風味がある野菜は小学生には好き嫌いが多くみられます。好き嫌いなく食べ物を大切にする子どもに育ってほしいと願うのであれば、この時期に様々な食べ物を食べてもらいましょう。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.