出産育児一時金とは?仕組みと利用方法

投稿日:

妊娠して喜んだのもつかの間、お金の心配がちらつく方も多いかと思います。妊娠出産は病気ではないので、健康保険証が利用できず実費になります。しかし「出産育児一時金」と制度を利用すればお金の負担が軽くなります。今回はその仕組みや利用の仕方をご紹介したいと思います。

出産育児一時金の対象者は?いくらもらえるの?

出産育児一時金とは1児につき42万円が支給される制度です。双子などの多胎児は、人数×42万円の支給になります。
申請の対象者は、健康保険に加入している被保険者(被扶養者)で、妊娠4ヶ月以上、85日以上で出産された方です。ちなみに流産・死産だった場合でも適用されます。
加入している健康保険組合によっては、42万円プラスαで付加給付されることもありますのでご自身が加入している健康保険に一度問い合わせて見てください。

受け取り方法は?クレジット払いにしたい人は?

出産育児一時金の支払い方法は3つあります。
〇直接支払い制度…加入している健康保険組合が直接出産する医療機関に支払ってくれます。手続き等は産院で行ってくれるので、ご自身で複雑な手続きを要しません。42万を超えた場合は差額を窓口で支払い、42万を下回った場合は差額を保険組合から受け取ることができます。

〇受取代理制度…出産する病院で「直接支払制度」を行っていない場合に利用できます。ご自身で出産2ヶ月前までに申請を行います。医療機関が健康組合保険に請求するのは変わらないので窓口での支払い方は直接支払制度と変りません。

〇産後申請方式…退院時、医療機関の窓口にていったんご自身で支払いをし、後日健康保険組合に請求し、指定の口座に振り込まれるというものです。クレジットカード払い可能な産院で利用したい方は、この方法がいいと思います。

いずれの方法も一律42万円支給なのは変わらないので、出産する医療機関にどの方法を利用できるかあらかじめ確認しておきましょう。なおこの制度を知らず、申請をしていなかった場合は2年間は申請可能です。

妊娠で退職した場合は?

妊娠をきっかけに仕事を辞めた方でも以下の方法で出産育児一時金は支給されます。
〇旦那様の健康保険組合の被扶養者になる。
〇国民健康保険に加入する。
〇退職前に加入していた健康保険を使う。(継続して1年以上の被保険者期間があり、なおかつ資格失効後から6ヶ月以内の出産の場合)
ちなみに2ヶ所からの重複受給はできませんのでご注意して下さい。

出産間近のなると体力的にもてきぱき動くのがきつくなると思います。いつ出産しても困らないように加入している健康保険組合に問い合わせておくなど、余裕をもって準備しておきましょう。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.