妊娠中の便秘!対処法まとめ

投稿日:

妊娠中に便秘がちになる理由

女性はもともと男性よりも便秘になりやすいと言われていますが、妊娠すると今まで便秘になっていなかった女性も便秘になることがあります。

ではどうして妊娠すると便秘がちになるのでしょうか。

それは、ホルモンのバランスが変わるからです。

妊娠をすることで体のホルモンバランスが変わり、胃腸の消化機能が低下します。
すると、食べたものが消化しずらくなり腸にたまります。
腸に長時間たまった便は水分だけがどんどん吸収されて、カチコチの便となります。
固くなった便は排便しずらくなるので頑固な便秘になります。

また、妊娠後期になってくるとお腹がどんどんと大きくなってきます。
お腹が大きくなることで腸が圧迫され、便秘がちになってしまいます。
さらに、便の通り道も狭くなり便が出にくくなってしまうのです。

マッサージ方法

マッサージには解消し胃腸を活発にさせてくれる効果や、胃腸を刺激してあげることでスムーズな排便を促す効果があります。

お腹をおへそを中心に時計周りで優しく「の」の字を描くようにマッサージしてあげましょう。
その際は決して強く押さないようにしてください。
四角の角にあたる部分に便がたまりやすくなっていますので、そのあたりを温めてあげるのも効果があります。

マッサージを行う上で注意しなければいけないことがあります。
それは子宮の辺りは刺激しないようにすることです。
マッサージで子宮を刺激してしまうことにより、子宮が収縮し赤ちゃんに影響を及ぼす危険があります。
過度に心配する必要はありませんが、できるだけ優しい力でマッサージを行うようにしましょう。

便秘にいい食べ物

妊娠中に薬は禁物ですよね。
では、便秘になったときはどうすれば良いのでしょうか。

便秘にいい食べ物を紹介しますね。

妊娠中の便秘にはプルーンやヨーグルトがおすすめです。
便秘の場合、植物繊維を摂ったほうが良いと言われることがあるかと思いますが、食物繊維は余計に便秘がちにさせてしまう場合があります。

妊娠中の便秘解消にはプルーンやヨーグルトで腸内環境を整えてあげることが大事です。
また、オリゴ糖を摂ることもおすすめです。

普段の食事を玄米にすることも便秘対策になります。
体重管理もできますのでおすすめですよ。

反対に冷たい食べ物は控えるようにしましょう。
冷たい食べ物を食べることで胃腸が冷え消化吸収が悪くなり便秘になってしまいます。



Copyright© こそだてイズム , 2019 All Rights Reserved.