全般 特集

学資保険はどうやって選べばいい?

投稿日:2018年4月27日 更新日:

学資保険とは」の記事

小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、これから小学校・中学校・高校・大学と学校に入る際に大きいお金がかかります。
その大きいお金を一生懸命自分自身で貯めたり、大きいお金がかかる度にきちんと用意するのはとても難しいことです。
お子様がまだ小さいうちから、これから何か学校にかかるさまざまな費用を積立できる保険が学資保険です。
万が一のために、病気やケガなどのお子様の保障もしっかり付けられる学資保険なども存在します。
また、学資保険によっては返金率が良く、かけた金額よりも多く戻ってくる学資保険などもあります。
「これから子供にどのくらいお金がかかるのだろう…。」と生活の不安を抱えている方も多いと思います。
学資保険をしっかりとかけておけば万が一の際に備えることもできますし、子供が大きくなった時でも慌てることなく子供を学校へ通わせることができます。

学資保険のメリット・デメリット」の記事

学資保険のメリットですが、きちんと備えができるといった点がメリットです。
子供の将来のことを考え、自分なりに貯金をしようと試みたけど毎月の支払いが大きくてなかなか貯金まで手が回らないという方も多いと思います。
学資保険をかけることで、毎月しっかりお子様の将来のために積立を行うことができます。
お子様の将来に対して、親として安心できます。
さらに、万が一のお子様のケガや病気などに対する保障も行ってくれる学資保険も存在するのでさらに安心ですよね。

次に、学資保険をかけるデメリットについてですが、学資保険をかけることで毎月の支払いが当然かかってしまいます。
毎月の光熱費や他の支払い関係にプラスして学資保険も支払っていかなければいけません。
子供が多ければ多いほど一人一人に学資保険をかけようと思うと、毎月の支払いがその分大きくなってしまいます。

学資保険の選び方

学資保険を選ぶ際に、大きく分けて2つのポイントがあります。
まず1つ目が、学資保険をかける際に返金率というものがあります。
これは、かけた金額よりも返ってくる額がどのくらいになるかで返金率が変わります。
返金率が良いほど、戻ってくるお金が掛けたお金よりも多くなります。
この返金率がどのくらいで、どの程度返金率が良いのかを判断して選ぶようにしましょう。

次に2つ目が、学資保険に付属する保障についてです。
例えば、子供は活発なので大きなケガをしてしまうかもしれません。
また、万が一病気で入院してしまうかもしれません。
そういった万が一の時にいざお金が必要になっても、手元にお金がないなんてこともありますよね。
学資保険では、こうした万が一の時に備えて保障をプラスすることができます。
お子様の将来の備えと、万が一の時に備えることができるような学資保険の選び方を行いましょう。

-全般, 特集
-

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.