ゲップづわりの原因と対策

投稿日:2019年1月14日 更新日:

ゲップづわりの原因

「ゲップづわり」という言葉を聞いたことがありますか?これは、つわり中にゲップが出やすい状態になることを言います。多くの人には妊娠後期まで見られて、なかには妊娠中ずっとゲップに悩む方もいらっしゃるという、割とよくある症状です。初めての妊娠の方は突然の状態にびっくりされたかもしれませんが、先輩ママや他の妊婦さんに聞いたら「私も~」という返事がすぐあるような、なじみの症状なのでどうぞ安心してください。ゲップづわりの原因は、妊娠したことによる身体の変化と言われています。ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れ、人によっては妊娠による食欲や唾の飲み込みが増えることにより、ゲップづわりになると言われています。

上手なゲップの出し方

そうなると知りたいのが、「どうやったらゲップが上手にでるか?」ですよね。妊娠前には考えもしなかったことですが、これも可愛い赤ちゃんに会うための準備と思って、楽しく自分にあったクリア方法を見つけてくださいね。お勧めは、「炭酸飲料を飲む」「マッサージをする」です。炭酸飲料は口当たりもよく、妊娠時にも飲みやすいと好評な飲み物ですが、そんな手軽に飲める飲料はゲップにも効果があるのです。炭酸が胃の中で膨張するため、身体の外に空気が出ようとすることでゲップがでやすくなります。但し、炭酸を飲むことが逆効果に感じた方、便秘症の方は、まずは腸内環境を整えるために乳酸菌(ヨーグルトやチーズなど)を摂取してください。マッサージは、自分で肩や背中、腰などをさするだけでOK。身体に刺激を与えることで、胃の中にたまった空気が外に押し出されることを助けます。

ゲップづわりの対処方法

ゲップづわりの対処方法としては、「鼻呼吸」が最も手軽でお勧めです。現代人は、もともと口呼吸の人が増えてきていると言われ、特に妊娠中など今までと違う状態では気持ちが緊張状態になり無意識に口呼吸になっていることも。ゲップづわりになったら、意識して口を閉じて、鼻からゆっくり息を吸い、吐いてください。次に「飲食はゆっくり、少しずつ」。一度に飲んだり食べたりすることで、空気も大量に身体の中に入ってきます。そのため、ゲップの要因を自分で作らないためにも、ゆっくり飲む、たくさん噛むを大事にしてください。最後に「あまり神経質に考えない」。ゲップづわりがひどい方になると、それだけをずっと考え、食事や睡眠がとれなくなる方もいます。不安がゲップの増加原因とも言われてますので、リラックスを心掛けてくださいね。



Copyright© こそだてイズム , 2019 All Rights Reserved.