特集 産後のこと

気になる産後の抜け毛!原因と対策

投稿日:2018年4月27日 更新日:

出産後に突然ごっそりと髪の毛が抜けたというママは、全体の70%にものぼるといわれています。このまま抜け続けるのではと不安に思うママも少なくありませんが、産後の抜け毛は女性ホルモンの影響による一時的な現象なので、過度に心配する必要はありません。

産後に抜け毛が起こる原因

産後に抜け毛が起こるのは、女性ホルモンのバランスが大きく変化したことによるものです。赤ちゃんがお腹にいる間には、女性ホルモンの中でも、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)がたくさん分泌されていました。しかし、出産した途端にこれらのホルモンは必要がなくなるため、急激に減少してしまいます。

実は、髪の毛は、これらのホルモン分泌量が多いと抜けづらくなりますが、減ってしまえば非常に抜けやすくなるのです。そのため、出産前には毛深くなったと感じる妊婦さんもいるほどなのですが、出産が終わってしばらくすれば一時的なものであったとわかるはずです。

また、女性ホルモンの分泌量は、妊娠以外にもさまざまな影響を受けます。子育てでストレスが溜まっていたり、赤ちゃんをお世話するのに睡眠が思うように取れない、生活が不規則になる、などといったことも、ホルモンには微妙な影響を与えるものなのです。

産後に髪の毛が抜ける原因

出産の後に、毛が抜ける量が増えたと感じる女性が多い傾向にあります。その原因となるのが、女性ホルモンです。妊娠中「なんだか毛が濃くなった気がする」「最近あまり毛が抜けなくなってきた」と感じていた方もいるのではないでしょうか。
それは妊娠中、女性ホルモンが増えてきたことにより、一時的に毛が抜けにくくなったり、毛深くなっていきます。しかし、出産をすると女性ホルモンは一気に減っていきます。今まで多く女性ホルモンが分泌していた反動により、それまで抜けなかった毛が抜けていきます。女性ホルモンが減ることは異常なことではないので、安心してください。
また、出産後は子育てによるストレスが増えやすい時期です。子供のことで精一杯になって、睡眠不足や栄養不足に陥ってしまう人もいます。それらの原因で毛が抜けてしまうケースもあります。

抜けないようにするには?

抜け毛は女性ホルモンの影響が大きいので、その点に関しては対策方法というものがありません。一時的なものなので、放置していてもいずれは抜け毛が減っていきます。
子育てによる睡眠不足や栄養不足、ストレスによるものの場合は、その人に合わせた改善方法が必要です。夜泣きなどでなかなか睡眠時間が確保できない場合は、家族に協力をしてもらい、少しでも睡眠不足をなくすように心がけてみましょう。
また、出産後はどうしても自分の食事バランスまで気を使うことが難しいと思います。しかし、それによって栄養不足に陥ってしまいます。宅配サービスを利用してみたり、一時的に実家にお世話になってみるなど、無理のない方法で栄養を補えるよう工夫をしてみてください。
育児よるストレスを抱えている方は、ストレスの発散方法を見つけてみましょう。たまには子供を預けて、自分の時間を作ることをおすすめします。

おすすめの対策法

産後に一気に抜けた髪も、2~3ヶ月すれば元に戻るはずです。あまりにも気にしすぎると、それがストレスとなって逆に抜け毛が増えてしまうことになりかねないので、まずは「そのうち治るだろう」とゆったりと構えることが必要です。

とはいえ、あまりにも大量に髪の毛が抜ければ、心配になるのも無理はありません。24時間続く赤ちゃんのお世話は大変ですが、そんな中でも、食事だけは規則正しい時間にバランスの良い内容で摂るようにしたいものです。また、睡眠も非常に大切です。特に昼と夜が逆転すると自律神経のバランスが崩れてしまうので、授乳時間に合わせて夜は横になっておくだけでも違ってきます。

食事に関しては、髪の原料であるタンパク質を多く含む大豆を積極的に取り入れるのがおすすめです。大豆は体内に入ると女性ホルモンと似た働きをするので、少なくなったホルモンに代わって髪の成長をサポートしてくれます。また、頭皮環境を整えるには、豚肉やレバーなどに多く含まれるビタミンB群が必要です。さらには、昔からよくいわれる、わかめや昆布などには髪を育てるミネラルがたっぷりと含まれているので、これらも積極的に取り入れるようにしましょう。

いつから抜けなくなる?

女性ホルモンの分泌量は、人によって個人差が大きいです。そのため、一概に「出産から何日経つと元に戻ります」「あと何日で抜け毛がなくなります」ということは言えません。
ただ、早い人では産後6ヶ月頃から、遅い人でも1年頃には抜け毛が収まっていきます。まだなかなか抜け毛が減らないという方は、気長に女性ホルモンの分泌量が増えるのを待ちましょう。
また、女性ホルモン以外の原因によるものは、少しでも早く対策をすることが、抜け毛を抑える近道になります。どうしても子育てを優先してしまい、自分のことは後回しにしてしまいがいですが、1日でも早く対策をしてみましょう。
旦那さんが仕事で忙しく、ワンオペ育児になってしまう方は、なかなか対策をしにくいと思います。時には行政の力を借りるなどして、ストレスを減らして抜け毛をなくしましょう。

-特集, 産後のこと

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.