妊娠中のダイエットで気をつけること

投稿日:

妊娠中には基本的には減量を目指してはいけません。体重増加を最適に抑える為に行うダイエットは行っても良いですが、その際も無理は禁物です。過度な食事制限などで抑えるのではなく、食べるものの油分や糖分を減らしたり、無理のない程度の運動量を増やすなどして行いましょう。

体重減少を目指すのはNG

そもそも、妊娠期間中はダイエットして減量することは難しいですし、胎児や母体それぞれに悪影響を与える恐れもあるのでやめましょう。母親の体内では、流れる血液の量も1.5倍に増え、子宮も大きくなり、さらにその中には、最終的には3キロにもなる胎児が育ち育まれます。つまり、胎盤などもいれると5~7キロくらいは、産後にはなくなってしまう部分となります。ですから、最近では5~7キロくらいの体重増加に抑えるとよいとされています。このように増加するのが普通なのにも関わらず、体重が増えないか逆に減るのはよくありません。出産に必要な体力を養い、胎児に必要な栄養を送れない恐れもあるので妊娠中のダイエットでは体重が減らないようにしましょう。

妊娠による体重増加を10キロに抑える為ならOK

妊娠期間中のダイエットで目指すべきは、体重増加をもとの体重にプラス10キロ以内に抑えることです。それ以上に増加した場合、自分の脂肪を溜め込んでしまっているので、産後の減量が難しく、太ったままになってしまう恐れがあります。ですから、減量と言っても、増加する体重をどれくらいまでに抑えるかという目的の減量をすることは問題ありません。ただし、急に何も食べなくなったり運動し始めるのは、胎児にとっても母体にとってもリスクが大きいです。バランスの摂れた食事を心がけ、規則正しい生活習慣の中でダイエットをするようにしましょう。さらに、妊娠中に激しい運動をするのはあまりオススメできませんが、散歩をするのは問題ありません。むしろ、気分もリフレッシュできる上、体力もつくので一石二鳥です。あまり歩き回って子宮が張ってしまうといけないので、ゆっくりと自分のペースで、30分から1時間くらいまでの散歩を行うようにすると良いでしょう。食事では野菜を積極的に摂りいれつつも、つわりがあって気持ち悪い人は、食べられるものを食べれば問題ありません。ですが、増加する体重をいくらかに抑えたい人は、肉の場合でも胸肉やささみなどのような油分の少ないものを選ぶなどして、工夫すると太りにくい上、きちんと必要な栄養も摂れるので良いでしょう。また、外食を減らしてなるべく自分で作るようにするだけでも、妊娠中の体重の増え方を緩やかにできます。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.