妊娠中の性行為(セックス)はOK?気をつけるポイント

投稿日:

妊娠中の性行為やセックスは妊娠の何週目に当たるのかやコンディションによって注意が必要です。性交渉で赤ちゃんを傷つけるようなことはありませんが、それによるストレスや痛み、子宮の収縮傾向などが負担になることもあるので、十分に気を付けましょう。

性交渉に最適な時期はあるの?

一般的に妊娠中の性欲は、妊娠初期に減少し、中期には高まって、妊娠後期には減少する傾向があります。妊娠初期ではつわりや倦怠感など、体がまだ妊娠して間もないので、様々な変化が起こり、性交渉どころではないというのが現状です。さらに、つわりの最中だと、セックス時の臭いが嫌になる場合もあります。中期にはある程度安定してきて、精神的な余裕も生まれ、性欲がよみがえる人もいるようです。ただし、妊娠後期には性交渉をするどころか、お腹が大きくて重いので上向きで寝ることができず、赤ちゃんが動くので夜も眠れず、不快感や早産を恐れる感覚から、セックスできなくなる傾向があります。

妊娠中は、基本的には性行為をしても問題ありませんが、あくまで体調を考慮して、良ければやってもいいということを忘れないようにしましょう。さらに、通常時でも当たり前の注意点ですが、妊娠中はより念入りに性器や指を清潔にすること、激しい動きを抑えるようにするなどには注意を払う必要があります。さらに、性交渉による感染症のトラブルを避けるために、コンドームは付けるようにしましょうね。

性行為をしてはいけないコンディションとは?

セックスをしてはいけないコンディションの場合とは、「出血が見られる場合」「前置胎盤である場合」「羊膜が破れたとき」「流産や早産の恐れがある時または経験がある時」「切迫流産の兆候が見られるとき」「早産や切迫早産の経験がある場合」「切迫早産の兆候がある時」などです。医師からも注意されて止められますから、再びGOが出るまでは、しばらく性交渉はおやすみしましょう。

なるべく「あっさり」とした性行為がベスト

セックスで赤ちゃんを傷つけることは基本的にはありませんから、それに対してひどく警戒する必要はありません。ただし、妊娠初期と妊娠後期はデリケートな時期であることもあり、その時期に性行為によるオーガズムを感じてしまうと、子宮が収縮しようとしてしまう恐れがあります。さらに乳首を刺激すると子宮が収縮することもあるので、早産や流産などを恐れる場合はそのことを夫に相談し、回数よりも質を優先させて、量を減らすようにすると良いでしょう。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.