全前置胎盤って何?どうすればいいの?

投稿日:

全前置胎盤という妊娠中の病気をご存知でしょうか?
全前置胎盤はどんな病気なの?診断されるとどうなるの?全前置胎盤にならない為の対策方法や、万が一なってしまった時の生活方法などをまとめてみました。

全前置胎盤とは?

全前置胎盤とは、ハイリスク出産の1つです。
突然の大量出血が起こる危険が非常に高く、最悪母子ともに命を落とすこともある病気です。
通常、妊娠すると胎盤は子宮口とは真逆の一番上側に作られます。
しかし、前置胎盤は子宮口を塞ぐ状態、もしくは子宮口付近に作られてしまっています。
前置胎盤にも3つの種類があります。
・辺縁前置胎盤
・部分前置胎盤、
・全前置胎盤
子宮口により近い、触れている面積が大きい順に危険度が高くなります。
辺縁前置胎盤→部分前置胎盤→全前置胎盤の順です。
前置胎盤はほとんどの場合、お腹が大きくなっていけば胎盤の位置が上にあがり、何の問題もなく出産することが出来ますが、大きくなっても位置が変わらない場合には危険な状態が続くことになります。

前置胎盤と診断されたらどうすればいいの?

前置胎盤ですと最終的に診断されるのは、妊娠期間の後半ごろになります。
ですが、妊娠後半ごろであっても、まだまだ治る可能性は十分にあります。
ただ、前置胎盤の疑いの時点でもリスクがあるのには違いありませんので、注意しておく必要があります。
前置胎盤だと診断された場合に特に注意しておきたいのが「お腹の張り」です。
お腹の張りが多く感じる場合には、張りが刺激となり出血となる可能性もあります。
妊婦健診や診察をこまめに受診する、張り止めを飲みだすなどの必要がある場合があります。

前置胎盤にならない為に何をしたらよい?

では、前置胎盤にならない為に出来る事をしておきたいですよね。
しかし、残念ながら前置胎盤を予防、改善する方法はありません。
そもそも、胎盤の位置は受精卵が着床した位置でもありますので妊娠が分かった時点で決定しています。
今後どうなるのかは神のみぞ知るという事なのです。

前置胎盤を抱えた場合の生活とは

前置胎盤の診断が下り、改善の見込みがない場合には、とにかく安静生活を送る必要があります。
お腹を張らせないように最大限動かず、場合によっては管理入院をして出産日を目指します。
ママ自身は体調不良を感じる事もなくピンピンしているのに安静生活を送らなくてはいけないのはとてもストレスが溜まります。
けれども、必ず終わりのくる妊婦生活なので、赤ちゃんの為にも頑張りましょう!

まとめ

前置胎盤になる確率は本当に少ないです。
けれども、万が一なってしまった時には赤ちゃんが産まれるまで一時も安心出来ません。ママはとにかく安静生活を送り、1日でも長く赤ちゃんをお腹の中で育てることです。可愛い我が子に出会える日を楽しみに頑張りましょう!



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.