産後の腰痛の原因と対策方法

投稿日:

産後の腰痛の原因

産後の腰痛の一番の原因は骨盤の歪みによるものです。赤ちゃんは狭い産道を通って産まれてくるので、産道を通りやすくするために女性の骨盤は自然に開くようになっています。その骨盤が産後も開いたままの状態になっていると重心が偏ってしまって腰痛を引き起こします。
また、育児中は赤ちゃんを抱っこしたり授乳や沐浴などで前かがみの姿勢をすることが多くなります。長時間の抱っこや前かがみの姿勢は腰に大きな負担をかけてしまいます。産後の腰痛が治らないまま育児でもさらに腰に負担をかけてしまうことで腰痛が慢性化していきます。
腰痛の自覚症状があっても育児中ではそれを治すための時間も取れないために治療ができないことも問題です。腰痛を放置してしまうとその痛みをかばおうとして無理な姿勢をすることで腰痛をさらに悪化させてしまうこともあります。

産後の腰痛の対策方法

一般的なのは骨盤を矯正する骨盤ベルトをつけることです。多くの産院でも出産後は骨盤ベルトをつけることを勧められます。骨盤ベルトは骨盤を正しい位置に戻すサポートをしてくれます。出産で疲労した筋肉を骨盤ベルトが支えることで筋肉の負担を軽減してくれます。育児で忙しくても骨盤ベルトなら簡単につけることができるので手軽に腰痛対策ができます。
また、自宅でできるような簡単なストレッチもあります。ジムに通うような時間は取れなくてもストレッチなら自宅で育児のスキマ時間にできるのでおススメです。ゆっくりストレッチをすることで体に負担をかけずに腰まわりの筋肉をつけることができます。筋肉をつけることで腰痛が改善されていきます。
腰痛は悪化させてしまうと日々の子育てや家事にまで負担がかかってしまうので早めに対処すること大切です。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.