妊婦健診はいつから通うの?費用と検査内容のこと

投稿日:

まず、妊婦健診とはその名の通り妊婦や胎児の状態を把握するものです。妊婦自身が病気にかかっていないか、精神状態は安定しているか栄養状態は偏っていないか。そして胎児が順調に成長し、分娩はいつになるのかなど妊娠経過を検査・観察し母子ともに安全なお産をするための準備期間です。

妊婦健診を行う目的は

妊婦健診は妊婦さんやお腹の中の赤ちゃんの健康を定期的にチェックし、母子ともに健康な状態で出産ができるようにと実施されている定期検診です。子宮内で赤ちゃんが正常かつ順調に育っているかどうかを確かめるだけでなく、成長具合から出産時期を予測したり、母体の健康状態の確認などもされます。また妊婦さんの精神状態のケアや出産前後に伴う不安や悩みの相談などもでき、総合的に妊婦さんと赤ちゃんを支える目的で実施されています。

妊婦健診はいつごろから行われるの

基本的に妊娠が判明し、住居している市町村から母子手帳が交付されたら通い始めるようにしましょう。妊婦健診は健康保険適用外の診療となるため基本的には検査にかかる費用は自己負担となるのですが、母子手帳と一緒に交付される妊婦健康診査受診票を利用すれば妊婦健診にかかる費用の一部を補助してもらえるのです。厚生労働省では妊婦健診の標準的な回数を14回と定めていて、妊婦健康診査受診票を利用すれば14回分の補助費用が受け取れるので、母子手帳が交付されてから出産までに14回通うことを念頭に置いておきましょう。

妊婦健診の具体的な間隔は

標準できな健診の回数は14回となっているのですが、通う頻度については周期によって異なり、出産が近づくに連れて短い間隔で健診を受けることとなります。
具体的には妊娠初期から23週までは4週間に1回の間隔、24週から35週までは2週間に1回の間隔、36週から出産までは1週間に1回の間隔で受診するのが目安とされています。しかしながらこの間隔はあくまでも目安であり、出産時の年齢や何回目の出産なのかということなどによって実際に受診する間隔は様々になります。健診の間隔についてはかかりつけ医と相談して決めるのが良いでしょう。

妊婦健診の具体的な内容とは

妊婦健診では大別して定期的に行われる検査と必要に応じて行われる検査の2種類の検査があります。
定期的に行われる検査としては問診や赤ちゃんの健康を確認する超音波ドップラー検査、尿検査や血圧測定などがあり、周期が進むに連れて浮腫検査や子宮底長測定などの検査が追加で定期的に行われるようになります。
一方で必要に応じて行われる検査の主なものとしては血液検査や超音波検査、GBSチェックや胎児の心拍数のモニタリング検査などの検査が挙げられます。いずれの検査も母体に対してほとんど負担がかからない内容の検査となっているので、しっかりと準備をして検査を受けましょう。

検診内容

検診と一口に言っても周期により実施される内容は異なります。その中で検診時に必ず行う事があります。尿検査、体重測定、血圧測定、問診、腹囲測定です。周期によっては、血液検査や内診、浮腫みなどを見ます。

・尿検査…尿蛋白、尿糖、潜血を検査しています。妊娠中は胎児への血液が流れるので排尿に関わる腎臓に負担がかかる可能性があるため検査しています。妊娠高血圧症候や妊娠糖尿病の可能性も調べています。

・体重測定…周期によって胎児が順調に育っているか、妊婦自身が痩せすぎていないか太り過ぎていないかを計測しています。体重の増減によって点滴をしたり体重管理の指導がはいります。

・血圧測定…高血圧は妊娠高血圧症の可能性がないかを検査するためです。妊娠すると血圧があがる事がありますが、異常に高くなった場合は別の病気を引き起こす可能性があるため大切な検査の1つです。血圧が高くなると頭痛やめまいなど全身に関係してくる症状が出る可能性もあります。

・問診…医師により内診したりエコーを見ながら胎児の育ちを見ます。そして検査結果から経過について説明されたり、問題がある場合などに対処方法を伝えられます。食事指導や体重指導などかこの場面でされます。また、普段の状態や困っている事を聞き解決に導いてくれます。

健診回数

初期は2週に1度、中期は4週に1度、後期は1週に1度と頻度が変わります。次の健診の予約をしますが、もしこの間に、腹部の張りが強くなったり不安に感じる事があればまずは、産院に電話し受診しましょう。

検診費用について

初回来院

妊婦健診は無料で行われている地域が多いですが、初回の検査で妊娠が判断され母子手帳と無料健診券が発行されると無料になります。そのため、妊娠の有無を医師が判断していない状態であると費用がかかります。初回では、様々な検査をする事がありますから費用は2万〜3万円程準備しておいた方が無難です。

妊婦健診費用

妊娠が診断されたら、自治体に届けでて母子手帳と妊婦健診券を発行してもらいます。用紙に名前や住所など記載すると次回から妊婦健診が無料になります。血液検査などは費用が別途かかりますが、無料健診券がない場合だと健診だけで10万円以上かかる可能性がありますのでかならず自治体に届けましょう。また、東京都では無料健診券は14枚なのでそれを超えた健診をする場合は別途費用が必要です。そして、里帰り出産により地方に行く際は、産院ど健診券が使用できない場合があります。場合によっては、後で申請すると費用が戻る事もあるので確認すると良いでしょう。

別途費用

無料になる妊婦健診券があっても、総額10万円以上費用がかかります。検査費用もですが、周期が上がれば下着や衣類を買い替えや食事に気を使うためです。

出産費用

普通分娩と帝王切開、時間外によって費用が異なりますし、出産一時金や自身の保険加入、産院によって異なりますが普通分娩の場合は50万円、帝王切開の場合は80万円程かかります。出産一時金は42万円ほどで自己負担は少なくなる場合もあります。帝王切開でも、一時金や保険金によって自己負担がない場合もあります。そして、一時金などを受け取る場合は申請書類が必要なため、早めの準備を心がけましょう。また、保険会社や産院などに必要な書類など確認しておいた方が無難と言えます。



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.