里帰り出産はいつから帰ればいいの?注意したいことまとめ

投稿日:

里帰り出産はいつ里に帰るの?

里帰り出産はいつ帰るのか?基本的には旦那さんと相談さえすればいつでも大丈夫だと思います。
里帰りするに当たって、里帰り先の病院によっては何週頃からはこちらに通って下さいという所が多いので、早いうちから確認する事が大事です。過ぎてしまったらそこで出産できなくなってしまう可能性もあるので注意しましょう。
平均的には予定日よりも1ヶ月前ぐらいから帰る人が多いと思います。産後も実家でお世話になる人も多いので、その準備も必要なので、早めに帰るのがベストですが、旦那さんを長期一人にしておくのも心配な事が多いと思いますので、二人で話し合って決めるようにしましょう。ちなみに産後も1ヶ月程実家でお世話になる人が多いと思います。

里帰り出産のメリット・デメリット

里帰り出産をする上でのメリットは、やはり実家なので、気を使わずに過ごせるところでしょうか。旦那さんが仕事をしている間重いお腹でもバタバタと家事をするのも大変です。その負担が減るのはやはり相当助かります。ましてや2人目、3人目の出産ともなると、上の子供達なら相手をしながら家事をこなさなくてはならなくなります。それは思った以上に大変です。また、出産が近くなると、いつ陣痛がくるのか不安になりますが、実家だと一人ではないのでいつ起こっても安心できます。
デメリットはやはり旦那に会えないことでしょうか。新婚さんだったら寂しいかもしれませんね。また、旦那に任せた後の家は帰った後にゲンナリします。できていると言っていても、できていない事の方が多いのです。

里帰り出産で注意したいこと

上記二つにも注意は記載しましたが、旦那さんを一人にする事による注意があります。それは、まず家の心配、帰っている間の家は大変な事になっているので注意です。それでも旦那さんは一人でよくやってくれています。ゲンナリしても注意しないようにしてあげてください。
次は旦那さんが羽を伸ばすかもしれません。よくいう里帰り中の浮気なんてことも。男の人は寂しがる生き物ですから、里帰り中だからとずっと放っておかず、こまめに連絡をとってあげてください。
最後に一番の注意です。これも旦那さん関係ですが、離れていることによって、旦那さんは父親としての自覚が芽生えるのが遅い場合があります。それを目覚めさせるには妻の助けが必要だと思います。あまり長く帰りすぎると、赤ちゃんもなかなか懐かず大変な思いをしますので、そこは仲を取り持つような存在でいてあげてください。

Copyright© こそだてイズム , 2019 All Rights Reserved.