においづわりの原因と対策

投稿日:

においづわりの原因

においづわりの原因は、妊娠による体内のホルモンの変化によるものです。これには、胎盤で作られるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが関係していると言われています。このホルモンは妊娠によって、急激に血中濃度が増えるため、その変化に身体が追いつかず、さまざまな不調をきたす事がおおいのです。また、においに敏感になるのは、体に悪い食べ物を遠ざけるようにして、お腹の赤ちゃんを守る防御反応であるとも言われていますが、これといってはっきりとした原因はわかっていません。においづわりだけでなく、様々なタイプのつわりがありますが、必ずすべての妊婦さんが体験するわけではなく、個体差があります。ホルモンの量とつわりの重さも、比例するわけではありません。

代表的なにおいづわりの原因

テレビドラマなどでご覧になった方も多いかと思いますが、炊きたてのごはんなどが、代表的なにおいづわりの原因です。それ以外にも、温かい食べ物はにおいが立ちやすいので、それによって不快感や吐き気を感じる事も多いでしょう。また、今まで好きだった身近な匂いを不快に感じたりします。例えば、洗濯用洗剤やシャンプーの香り、化粧品の匂いなどが急に苦手になって、使えなくなることもあります。スーパーマーケットなどで売っているナマモノの匂いなどにも、敏感になる方もいます。中にはパートナーの匂いが不快に感じて、近くに居たくない!なんて方もいます。しかし、これらは妊娠中だけのものなので、パートナーには理解して協力してもらう必要があります。においづわりの原因も個体差があり、人によって様々です。においづわりがある方は、その原因となる物は何なのかを知ることが大切です。

においづわりの対処法

においづわりの対処法としては、原因になるものを遠ざける事です。しかしながら、全てのものを遠ざけるのは難しいと思います。そこで、有効なものはマスクです。特に外出時は、様々なにおいに遭遇する機会が多いので、マスクの着用をオススメします。マスク着用だけでもにおいを防ぐ効果はありますが、好きなアロマオイルを少しつけたガーゼなどを中に入れると、苦手なにおいを嗅がずに過ごせます。また、食べ物の匂いが苦手になってしまった場合、一度料理を冷やしてそれから食べると匂いがきにならずに食べれます。ただ、無理して苦手なものを食べる必要はなく、食べれるメニューを探して食べるのが、ストレスがかからないよい方法です。においづわりと上手につきあうため、自分に合った方法でつわりの時期を乗り切りましょう。

Copyright© こそだてイズム , 2019 All Rights Reserved.