幼児のこと(1・2歳) 幼児のこと(3~5歳)

トイレトレーニングはいつから?やり方は?

投稿日:2018年4月21日 更新日:

早めにおまるを準備

トイレトレーニングは、トイレやおまるに興味を持つことから始まります。トイレトレーニングが始まる前の⒈歳前後には準備します。そして、いつも生活する場所におまるを置いて、子供の興味を引き出していきます。
いきなり座らせても嫌がるので、おしっこやウンチをする場所と教える前に、おもちゃの一つとして自由に遊ばせます。購入したばかりのころは、清潔です。おさがりの時は丁寧に洗ってから触らせましょう。
自分で座ってみたり、乗り物感覚で運転遊びをしたりして、慣れてきたらトイレトレーニングの始まりです。いつから始めるかは個人差があります。最初のころは、必ず失敗します。おもらししても大丈夫な環境を整えることも必要です。
早い子で1歳半くらい、急がない場合は2歳半くらいでも大丈夫です。2歳になってからのほうがおしっこを膀胱にたくさんためることが出来るようになってくるので、失敗が少ないです。
しかし、イヤイヤ期に入るので気分次第でトイレトレーニングが進めにくい時があります。

おむつからパンツへ

トイレトレーニングの方法は、おむつからパンツに変えることです。
おむつの時は、いつでもおしっこやウンチが出来ます。紙おむつはそれほど不快な感じがしないため、パンツをはかせることで出た感覚をつかみます。足に流れ落ちるおしっこは、子供でも嫌な気持ちになります。慌てて教えに来てくれるはずです。
何度かおもらしをすると、おしっこをしたくなるタイミングをつかむことが出来るようになってきます。おしっこは、朝起きた時や昼寝から覚めた時、お風呂のお湯を見たり水の音を聞いたとき、うんちはご飯の後などです。
出るかなと思うタイミングで、おまるに座らせてみましょう。トイレでも大丈夫です。しかし、トイレは狭く怖いイメージを持つ子がいます。最初はいつもいる部屋でおまるでチャレンジする方が、リラックスできてうまくいきます。

おまるは必要か

おまるは、おしっこがしたくなったらすぐにできるというメリットがあります。後始末が面倒かもしれませんが、成功しやすい環境づくりが、トイレトレーニング完了への近道です。
トイレトレーニングは、トイレだけでも十分できます。メリットは、後始末が楽なところ、出費が少ない所などです。デメリットは、トイレまで我慢できずに失敗が増えます。
失敗が続くと怒りたくなりますが、怒ると子供にプレッシャーがかかり、失敗が増えてトイレでおしっこが出来なくなってしまいます。失敗してもほめてあげること、励ましてあげること、おしっこのサインですぐにトイレに連れて行ってあげることなど、親子の努力でトイレトレーニングは進みます。子供のやる気を起こさせるために、おまるを準備してあげるとスムーズに進められます。

-幼児のこと(1・2歳), 幼児のこと(3~5歳)

Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.