お食い初めっていつやるの?やり方は?

投稿日:

いつの時代でも自分の子には健康で長生きしてほしいものです。昔からの風習で「お食い初め」という儀式があります。初めて聞いた方も多いかもしれませんが、地域によっては「百日(ももか)祝い」や「歯固め」とも言います。お食い初めとはお祝いの事の一つで、一生食べ物に困らないようと赤ちゃんに初めての母乳以外の食事を準備することです。今回はお食い初めのやり方や時期など詳しくご紹介したいと思います。

いつやるのがいいの?

お食い初めは「百日祝い」とも言われるように、だいたい生後100日あたりで行うことが多いようです。パパママの都合もあるでしょうから、きっちり100日で行わなくても大丈夫です。赤ちゃんの体調を配慮しながら、機嫌がいい時間帯に行うのがいいかもしれませんね。

準備するものは?

食事…慣例では、赤飯・鯛・お吸い物・煮物・香の物の5種類を準備することが多いです。一汁三菜の和食がいいとされています。
食器…男の子は朱塗り、女の子は外が黒塗りで内側が朱塗りの漆器のお椀が準備されるのが風習の様です。ただ最近では、カジュアルなベビー食器で離乳食が始まってからも長く使えるものを用意する家庭も多いです。
歯固めの石…丈夫な歯が生えてくるよう願いを込めて石を唇に触れさせるという儀式で使います。一般的にはお宮参りの時に神社からもらいます。

やり方は?実際に食べさせるの?

長生きしている年長者にあやかるという意味を込めて、赤ちゃんと同姓の身内の年長の方に行ってもらいます。祝箸しを使って赤ちゃんの口元まで持っていき食べさせる真似をします。赤ちゃんはまだ食べることができないので、あくまでも食べさせる真似にして下さいね。残った祝い膳は家族みんなで頂きましょう。
順番は、赤飯→お吸い物→赤飯→鯛→赤飯→吸い物→赤飯→煮物→赤飯→吸い物→赤飯→香の物→赤飯→吸い物→赤飯→歯固めの石→赤飯→吸い物→赤飯 となります。
おじいちゃんおばあちゃんは食べるところを見たがるかもしれません。そんな時は「ひとつぶなめ」という、ご飯一粒を口の中に入れてあげるということをしてもいいかもしれません。赤ちゃんが嫌がったり、吐き出したら無理にさせないようにしてあげてくださいね。

最後に…昔からの風習なので、気難しかったり、大変だったりしますが、それぞれのご家庭に合ったスタイルで行ってもいいと思います。あくまでも我が子の健康や長寿を願うお祝い事ですので難しく考えず赤ちゃんと一緒に楽しんでできるといいですね!



Copyright© こそだてイズム , 2018 All Rights Reserved.